melee combat banner

「モンスターハンター:ワールド」 – ハンターの近接戦闘の紹介

「モンスターハンター:ワールド」の近接戦闘では、自然界に生息する恐ろしい生物との戦いで爽快感を味わうことができるが、そのためにハンターは、勝てないまでも生き延びるためのいくつかの重要な要素を学ばなければならなりません。しかし、ほとんどのプレイヤーは予備知識なしにゲームをプレイしているため、冒険を始めたときにこれらの知識に恵まれているハンターはほとんどいません。以下のことを知っているだけで、初心者から達人への道を歩むことができます。

モンスターの一連の動きをマスターする

すべてのモンスターには、繰り返されるアニメーションがあり、それぞれの動きには実行する前に表示があります。あなたの最初の目的は、このモンスターがどのように戦うのかを知ることです。体の特徴からスタイルを推測することはできますが、それを確認するためには攻撃を仕掛けることが必要です。

モンスターハンターシリーズでは、モンスターの行動はすべて置かれた状況に応じて引き起こされます。遠くにいれば突進してくるし、近くにいれば横から殴ってきたりします。また、行動によってはこちらの攻撃を受けやすくなるので、そのようなモンスターの場合は時間をかけて攻撃していきましょう。

頻繁に武器を収納する

武器を手元に置いておきたいと思うかもしれませんが、ベテランハンターは機動力を得るために武器を鞘に納めます。武器を抜いた状態ではスプリントは不可能で、特にランスのような不便な武器ではなおさらです。これは近接格闘家にとって重要なことで、激怒したモンスターとは、一対一で勝負するよりも回避したほうがいいからです。

モンスターの弱点を見極める

機動力が重要な理由の一つは、敵の弱点に向かって来るのを待つのではなく、時々スプリントしなければならないからです。柔らかいエリアを集中的に攻撃することで、全方向からモンスターを攻撃するよりも早く狩りを終えることができます。刃が切れない部分を叩いて時間を無駄にしてはいけません。

序盤はディフェンスが最大のオフェンス

低ランクのモンスターを狩っているうちに、防御技術を身につけたほうがいいでしょう。ドッジロールやシールドブロックのアニメーションの速さや効果にも慣れておく必要があります。

また、ローリングだけでは無敵にはなれないので、ヒットボックスの大きさにも慣れて、いつ、どこでかわしたらいいのか学びましょう。敵に倒されない限り、最終的に敵を倒すチャンスがあるので、できるだけ長く生き延びて、可能な時だけ攻撃するようにしましょう。

後半のステージでは、攻撃は最大の防御となる

狩りの時間は長くても50分程度なので、体力の高いモンスターに対して守りに徹するのは得策ではありません。まずは防御の技術を身につけて、自然に防御ができるようになりましょう。防御と回避に慣れれば、反射神経で生き延びることができ、最も強力な攻撃を繰り出すことに集中できます。

あなたの生存本能が、いつ、どこにいれば、中断されることなく武器のコンボを繰り出すことができるかを教えてくれます。1つのゲームで身につけたスキルは、他のモンスターハンターシリーズのすべての作品で役立つので、忘れないようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。