「モンスターハンターダイナミックハンティング」

「モンスターハンターダイナミックハンティング」は、モンスターハンターシリーズの第2世代からの派生タイトルである。モンスター、場所、武器、鎧など、メインシリーズのタイトルのいくつかの要素を備えている。しかし、独自のゲームプレイを持っており、モバイルプラットフォームの限られた操作に対応するように設計されている。

ゲームアップデート

ゲームは2011年6月1日に国際的にリリースされた。その後、パッチ1.01.00、1.02.00、1.03.00の3つの主要な更新が行われた。1回目は2011年7月7日にリリースされ、ゲームの難度を上げるExモードとリアルハントモードを備えている。

2回目の更新は、ゲームに内容を追加したため、意味がある。ゲームの元の状態は、ソード&シールド、グレートソード、デュアルブレードのみを備えているが、新しいアップデートではハンマーが追加されていた。レベルキャップもレベル3から4に引き上げられ、Tigrex、Gravios、Rathalos、PinkRathianなどの新しいモンスターのロックも解除される。パッチ1.02.00は2011年8月18日にリリースされた。

2011年10月20日の3回目の更新では、ランスとガンランスの武器タイプがハンターの武器庫に導入された。新しい攻撃アニメーションとは別に、新しいギアは「オートガード」と呼ばれる新しいスキルも可能にする。レベルキャップがレベル4から5に引き上げられた。Diablos、Azure Rathalos、Kirin、Lunastraなどの新しいモンスターが追加された。

ゲームプレイ

「モンスターハンターダイナミックハンティング」は、オリジナルシリーズのようなRPGではない。これは、シリーズの第2世代から使用可能なモンスターとの戦いでハンターをすぐに使用できるようにするミニゲームである。これまでに登場したモンスターはすべて、モンスターハンタードスやモンスターハンターポータブル2に登場した。

ハンターは一度に1つの武器を装備することができる。この武器は彼らの戦闘オプションに大きく影響する。ブレード武器を使用すると、ハンターは方向性のあるスラッシュを実行できる。ハンマーは粉砕打撃を行うが、ランスとガンランスが突進して攻撃できる。

ハンターとモンスターのヒットポイントが明らかになる。ゲームの目標は、ハンターのヒットポイントを1以上に維持しながら、敵のヒットポイントをゼロにすること。オリジナルのゲームに似たスタミナシステムはない。その代わり、ハンターには制限された攻撃回数が与えられる。ブロックまたは回避を成功させると、より多くの攻撃を獲得するが、命中するたびにそれらの攻撃を失う。

すべてのモンスターは、元のモンスターハンターのタイトルからアニメーションと傾向を維持した。彼らの攻撃は、ユニークな機能のために「モンスターハンターダイナミックハンティング」で理解しやすくなっている。モンスターは次の行動を指示するのに役立つ視覚効果を得ており、ハンターは反撃を行うことで反応しなければならない。

10月20日の最後のパッチで再生機能が追加された。プレーヤーのセッションを記録し、オンラインで共有する機会を提供する。プレイヤーは、ゲームのツイッター機能を使用し、再生と統計データをツイッターに投稿できる!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です