new large monts er banner iamge

『モンスターハンター ライズ』新登場の大型モンスターを一挙紹介

カプコンは『モンスターハンター』シリーズを発売するたびに新しいモンスターを登場させますが、それらは大抵、あるテーマを含んでいます。『モンスターハンター ライズ』は、ランページを阻止するために備える古代日本の妖怪ハンターをテーマにしています。

カムラの里からやってきたハンターたちは、忍の美学と、忍者の特徴であるアクロバティックな動きを取り入れています。対戦相手は、日本の古い絵に描かれている妖怪をモチーフにしたモンスターたちです。ここでは、本作から『モンスターハンター』シリーズに登場するモンスターについて、その特徴や戦い方、倒し方などを紹介します。

オサイズチ

オサイズチは、鋭く長い爪足やかぎ爪、あるいは天然の刃を持つ獣のような生物である「かまいたち」をイメージしています。伝説と同じように、この生物は白い印象的な毛皮を持ち、尾の先には致命的な刃があります。この物語では触れられていないのですが、オサイズチは同じ種の小さな生物の一団を率いる第一級の獣です。

オサイズチは、狩りの群れを形成して手下を利用します。2匹のイズチが自分の行動と同期するように側で戦います。また、より大きなイズチが1匹いて、先陣を切って攻撃してきます。オサイズチに攻撃を集中させ、早めに戦闘を終了させるのが得策です。ただし、他のモンスターが側面に回り込んだり、仲間に迎撃させたりすることがあるので、その間にターゲットを絞るようにしましょう。

アケノシルム

アケノシルムは、火を噴く一本足の妖怪傘「傘おばけ」をモチーフにしています。しかし、実はこの生物は火を吐くワイバーンであり、片足立ちもできるため鶴のようにも見えます。傘のような特徴は、波打つ翼と紋章を体に巻きつけていることで生み出されています。

アケノシルムは、広い翼を振り回して側面を攻撃し、火の玉を噴いて正面の敵を攻撃することしかできないので、独創的なファイターとは言えません。厄介なのは、その長い脚のため頭などの重要な部分への近接攻撃を遠ざけられることです。大ダメージを与えるには、空中で戦うか、射撃武器で狙撃する必要があります。

イソネミクニ

イソネミクニは、人間の女性の頭部を持ち、長い髪を持つという魚の怪物「人魚」をモチーフにしています。また、尾で立つことができ、睨みを利かせた復讐心に燃えているようにも見えます。このモンスターは美しい人魚の性質を持ちますが、獲物を眠らせるために歌うのではなく、眠りを誘う粉を撒き散らして敵を無防備にさせます。

眠りを誘う粉を撒くのが唯一の脅威です。やられたらエナジードリンクを飲めば大丈夫です。全身が脆弱ですが、周囲の敵に尻尾を振り回すことができるので、立ち上がって来たら距離を取りましょう。

ビシュテンゴ

天狗は、カラスの羽を持つ人間のような戦士として描かれていることから、一般的にはカラスを連想させます。しかし、カプコンではカラスのような翼と爪を持つ霊長類に似たモンスターと解釈しています。丸い果実を好んで食べたり、投げつけたりするなど、他の生物よりも猿に近い行動をとります。

ビシュテンゴは、前の3体のモンスターに比べて、非常に不規則な動きで、毒爆弾を投げてくるので、かなり危険です。よろけさせたり、毒爆弾や果実を奪って使うことができます。ただ、尻尾を立て始めると、近くにいる者に不規則な攻撃をしてくるので、避けるようにしましょう。

ヨツミワドウ

ヨツミワドウはカッパをベースにしており、河川域を好むことにも表れています。しかし、その戦い方は、構えや腕の突きなど、どちらかというと相撲取りのようなスタイルです。大型で動きが鈍いのですが、威力は高いので、熟練のハンターは距離をとることを好みます。

ヨツミワドウは動きが予測しやすいので、なるべく頭を狙っていけば大丈夫です。腹部を膨らませるとさらに強力になりますが、その分よろけやすくなります。腹部を頻繁に攻撃して、中身を全部吐き出させ、フラフラにさせて反撃に転じさせましょう。

ゴシャハギ

ナマハゲは、わらじを履いた鬼で、ナイフを1、2本持っています。ゴシャハギは鬼のような顔と藁のようなたてがみでその表現にぴったりです。最初は熊のような戦い方をしますが、本気を出すと腕に氷でできた剣を出現させます。さらに追い打ちをかけるように、2本の剣の腕で戦うようになります。

ゴシャハギの斬撃モーションは一振りでヒットポイントを半減させることができるので、なるべく避けた方が良いでしょう。ただし、遠距離の斬撃を繰り出すことができ、その場合は同程度のダメージを与えることができます。1、2回攻撃した後は、その応酬をかわすか、爆弾を使って剣を早く破壊する準備をしましょう。

マガイマガド

マガイマガドは、神話に登場する幽霊をモチーフにしているのではなく、死んだ侍をイメージしており、うろこ状の体は鎧に似ており、尾を槍のように打ちます。その周りを囲む火は、魂を火のように表現した「鬼火」がベースになっています。

マガイマガドを倒すには、マガイマガドの攻撃をかわすことが最優先となるため、機動力の選択肢を深く理解する必要があります。翔蟲を多用し、尻尾や頭部を攻撃してかわしましょう。戦いが続くとよろけやすくなるので、慎重なプレイヤーには消耗戦が最適な戦略です。

ヤツカダキ

ヤツカダキは、『モンスターハンター』に登場するモンスターの中で、2つの怖い神話をモチーフにした最も不気味なモンスターです。ツチグモのように口から5本の網を飛ばして獲物を捕らえ、ヨロイグモのように厚い網のベールで身を守ります。ヤツカダキの不思議なところは、火を噴くことができることです。

ヤツカダキは体の大きさの割にスピードがあるのですが、体のあちこちに死角があります。脚を一本ずつ狙って弱らせて、次の脚にターゲットを移していきましょう。そうすることで、徐々に高ダメージを受けやすくなり、よろける可能性が高くなります。

オロミドロ

オロミドロとは、田んぼで働いて死んだ老人の幽霊で、怠け者の持ち主を戒めるために田んぼに出没する「どろぼう」が元になっています。このモンスターは、ひげやひだのようなものがあるため、確かに泥まみれの老人のように見えます。しかし、きれいな水で洗うと、美しい龍のような生物になります。

泥地はオロミドロと戦うには最悪の地形で、オロミドロはその地形を利用して広範囲に泥の山を作り、こちらの動きを制限することができます。空中コンボに自信がないのであれば、こやし玉を使ってゾーン外に圧力をかけるのが良いでしょう。

川で戦うと、守っていた泥が落ちて柔らかい鱗が露出するので最適です。『モンスターハンター』は、地形をうまく利用しながら、相手も同じようにそれを利用できるかどうかを見極めることが大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。