モンスターハンターライズ: シリーズ最新作

新しいアーマーや武器を装備して、過去の作品よりも魅力的なメカニズムを持つ新しいモンスターに立ち向かいます。「モンスターハンターライズ」では、ハンターたちが型破りな移動術の訓練を受ける「カムラの里」が舞台となります。プレイヤーが山を登ったり、障害物を乗り越えたり、モンスターを罠にかけたりするのに役立つ新しいメカニクスを備えています。

ストーリー

物語は、これまでの『モンスターハンター』シリーズとは違った形で始まります。プレイヤーのアバターは、ギルドから派遣された外国人ではなく、村のハンターに昇格したばかりの村人です。村の長老であるフゲンは、ハンターの昇格を祝福する。

しかし、そのおめでたさとともに、重大な災厄が起こるという警告があります。ランペイジとは、50年前に起きた危険な出来事、人里を襲うことを目的とした、ある存在に率いられた怪獣たちのパレードなのです。

長老フゲンは、その発生の兆候を確認する手紙を受け取った。新米ハンターとして、村自体を助ける調査に協力すると同時に、避けられない戦いに立ち向かうために強くならなければならない。

テーマ

モンスターハンターシリーズのほとんどのタイトルは、中世ヨーロッパの美学に基づいていますが、モンスターハンターライズはより日本的なテーマを持っています。このゲームのテーマは、封建時代の日本をベースにしており、特に忍術の演劇的表現を採用しています。カプコンが東洋的なテーマを採用したのは今回が初めてではありません。カプコンが東洋的なテーマを採用したのは、「モンスターハンターポータブル3rd」で、ユクモ村がプレイヤーの拠点となっていたのが最初でした。

モンスターハンターライズのディレクターは、モンスターハンターポータブル3rdを手がけた一瀬 泰範氏。ユクモ村のテーマを再考したかったが、再利用はしたくなかったという。この試みは、カムラの里とユクモ村が同じ地域にあるかもしれないことを示唆しているのではないかというヒントにもなりました。また、この美的感覚は、ゲームがプレイヤーと自由を共有するためのものであるという感覚を補完するものでもあります。

ゲームプレー

モンスターハンターライズには、モンスターハンターシリーズを通して開発された14種類の武器が引き続き搭載されています。近接武器が11種類、遠距離武器が3種類です。前作の「モンスターハンターワールド」と比べて、「モンスターハンターライズ」のハンターキットには大きな変化があります。モンスターハンターライズのハンターは、虫に取り付けられた光るワイヤーを持っており、移動や戦闘に使うことができます。

モンスターハンターライズには、モンスターハンターワールドに登場した「トビカガチ」「オドガロン」「プケプケ」など、歴代の新モンスターが登場します。また、妖怪や古代の民話をモチーフにした新モンスターも登場します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です