モンスターハンタードス-基本ガイド

ジャンボ村の村長は、引っ越ししてきてくれる勇敢なハンターを雇っています!経験がほとんどないハンターの応募も歓迎し、地元のハンターの世話の下でトレーニングが提供されます!1500zの支払いが事前に行われます。

モンスターハンター2(ドス)は、ソニープレイステーション2に登場するカプコンのモンスターハンターの続編です。新しい仕組みを採用し、日本でだけリリースされました。探検と戦闘に関して、時間と季節が狩りにどのように影響するかを研究してください。武器庫に追加された4つの新しい武器タイプで戦う4つの新しい方法を学びましょう。2つの新しいモンスターカテゴリーとともに、新しい種が発見されました!

ゲームの世界

ジャンボ村

ジャンボ村へようこそ。ジャンボ村は、大陸南東部の熱帯地域に位置する開発中の港です。ジャンボ村は、地元住民がほとんど定住していない新しいコミュニティです。新しい地元のハンターとして、あなたはこの港が繁栄するのを助け、脅威から保護します。

生態系

ジャンボ村の地元の人々のほとんどのなりわいは近くのジャングルからのものです。この周辺には帆船で行くことができます。この船にはベッドと2つの色付きのボックスがあり、ハンターキャンプとして機能します。ジャングルは、きれいな海水、白いビーチ、高い崖、涼しく湿った洞窟、そして完璧な気候で知られています。ジャングルにはキノコも豊富です。

この場所は、居住者がいなければ観光名所になっていたでしょう。海岸には、なわばり意識の強い巨大なヤドカリが生息し、ピンクのゴリラが糞を周りに投げ、黒い猫が夜に現れ、鳥ワイバーンの群れがエリアで狩りをします。また、たまにクイーンラティアンが訪れます。その巣は洞窟の中にあります。

スワンプ(沼地)はジャングルと同じ温帯気候ですが、ジャングルの美しさはありません。よどんだ水域には、小さな生き物からネオプテロンに至るほとんどの虫が生息しています。洞窟は凍りついていますが、採掘するクリスタルの堆積物を見つけることができます。鳥ワイバーンのさまざまな群れが場所全体をパトロールします。ケズはケルビを捕食する洞窟に潜んでいるのを見つけることができます。

大きな活火山(ボルケーノ)は、ハンターとしてのあなたの商売の場にもなり得ます。ほとんどのエリアは暑すぎて、誰もが冷たい飲み物なしで歩き回ることができません。熱の危険がないのは3つのエリア、キャンプする海岸、およびこの地域の草食動物がいる2つのオープンフィールドだけです。火山の中も空ではありません。高温の部屋には、熱に耐えるカニ、一群のイオプレイ、ラタロスのような大きな火をベースにしたモンスターがいます。

危険にもかかわらず、人々は火山の豊富な鉱床を探して内部を冒険することを目指しています。

砂漠(デザート)も火山と同じように危険性をありますが、ここには住民はあまりいません。砂漠には地下の洞窟で繋がった複雑な通路があります。周辺の川と湖は、低い水位でつながっていて夜間には満潮のため浸水します。この豊富な水源により、この乾燥地域は水に大きく依存しているモンスターの住処となっています。

雪山(スノーウィーマウンテンズ)は、ふもとから山頂まで伸びる一連の洞窟でつながっています。山頂に登ると採掘ポイントを発見できます。このスポットでは腐ったドラゴンの鱗やケズの子供が生まれません。あなたはクシャラダオラの皮を剥いで採掘していること、そして若いケズ族が腐りかけの鱗を食べていることに気付くでしょう。

山のふもとにある緑の牧草地は、草食動物に人気のある放牧地です。一番下で出会ったのと同じモンスターが山頂でも会えますが、残りの場所は凍りついています。

タワー、町、そして雪山の山頂などの特殊エリアは狩猟の地ではありません。これらの場所では、クリーチャーよりも神と見なされている恐ろしいほど強力なモンスター、エルダードラゴンに挑戦します。

最初のモンスターハンターゲームの場所を再訪できます。ココット村に船で行き、森や丘要塞シュレード城戦場をめぐるクエストをすることができます。

モンスター

モンスターハンタードスは、ゲーム第1作のクリーチャーのリストをすべて含むとともに、新しい場所を補完するためにさらにモンスターを追加しました。あなたのような人間、村の住民のようなワイベリアン以外はすべてモンスターです。小型モンスターは、敵対的であるものもそうでないものも、ほとんどどこでも見られます。大型モンスターは一度に1、2回目撃されます。

「小型」または「大型」という言葉はサイズを意味しません。ポポのような草食動物は巨大でも小型と呼ばれています。これらの動物は、それぞれの種がもたらす脅威レベルによって分類されますが、大型モンスターは、その種の最小または最大の発見されたメンバー間の記録サイズを測定することが、ハンターの間で一般的な慣行として行われています。

リニアン(Lynian[獣人種])はシャカララ(shakalaka[チャチャブー])とともに広まっています。これは、毒のある武器やトラップを使う野蛮な部族です。彼らは道具とチームワークを使うことから知能があると確認されていますが、人間と話すことができるかどうかは明らかではありません。これらの猫は、ハンターの爆発物に似た爆弾を使用することでも知られています。

シャカララはフェリン(Felynes[アイルー])やメリンクス(Melynx [メラルー])のようには動きません。重いマスクをかぶっているので外が見えづらく、その大きな武器のため戦闘での動きが不自由になります。

ネオプテロン(neopteron[甲虫種])また、大雷光虫歓迎します。これは電気を使用して戦うオーブを輝きます。その浮動ライトは、実際にあなたがアイテムを作るために使用する雷光虫の大型バージョンです。

2つの新しい草食が雪山に登場します。アンテカ(anteka[ガウシカ])ポポです。これらは寒冷地に住み、多くの場合、山の麓で草を食んだり雪山の頂上にのんびりしている姿が見出されます。アンテカスは、治療に使用される角のために狩られています。ポポの舌は多くの人間のお気に入りの食べ物です。

草食動物ブルファンゴは、モンスターハンタードスでは新しいプリマティウス(primatius)クラスに変更されました。このアップデートで、ブルファンゴの群れのボス級モンスターであるブルドローム(Bulldrome [ドスファンゴ])が登場しました。彼らは巨大で非常に攻撃的です。通常のイボイノシシとは異なり、このブタはより広い領域をパトロールし、ハンターを追いかけることで知られています。

プリマティウス(Primatius[牙獣種])カラパセオン(Carapaceons[甲殻種])は、本シリーズの新しいカテゴリーです。前者は、ピンクのゴリラであるコンガ、および雪ヒヒであるブランゴなどの霊長類のような生き物で構成されています。後者にはヤドカリがいます。砂浜や砂漠地帯に見られる赤いカニは、ヘルミタウル(hermitaur[ヤオザミ])として知られており、火山のような岩の領域に棲む青カニはセアナタウル(ceanataur[ガミザミ])として知られています。

新しいカテゴリーのそれぞれの種には、同じ名前を共有する大型モンスターの対応種があります。プリマティウスは、コンガララ(Congalala[ババコンガ])ブランゴンガ([ドドブランゴ])という名前の群れのリーダーに成長することができ、カラパセオンはダイミョウヘルミタウル(Daimyo Hermitaur [ダイミョウザザミ])ショウグンセアナタウル(Shogun Ceanataur[ショウグンギザミ])に成長することができます

霊長類のボス級モンスターは、それぞれの群れとともにあなたと戦います。最初に小型モンスターを片付けるのが理想的です。ポーン(手下のモンスター)はそれ自体で大きな脅威をもたらすことはありませんが、リーダーと戦うときにポーンはあなたの動きを妨げる可能性があります。

コンガララは通常、ジャングルで見られ、キノコを食べており、邪魔されない限り攻撃してきません。戦闘では、ピンクのゴリラが飛び跳ね、左右にスワイプし、敵に糞を投げるので、回避を練習して消臭剤を持っていきます。コンガも爪や糞を使って戦いますが、ボス級モンスターほど機敏ではありません。コンガララは怒ると赤に変わります。

ブランゴンガは常に、雪山の山頂付近にいてブランゴに囲まれています。この巨大な白い肉食ヒヒは非常になわばりに敏感ですぐに攻撃してきます。この大型モンスターは非常に速く、手足と爪が非常に強靭なため氷の塊を掘って投げてきます。そのエリアを研究し、足場に気をつけ、脱出を計画しましょう。

大きく育ったカニに共有する特異な行動は、ワイバーンの頭蓋骨を使用することです。これは、大きな体を保護できる貝殻がないためです。ダイミョウヘルミタウルは、モノブロスの頭蓋骨を身に付け、スワイプしたりブロックに使用される大きなはさみで戦います。後方に全力で跳躍することで、頭蓋骨の棲み家を敵に向かって投げつけます。

比較的小さなショウグンセアナタウルは依然として大きなカタツムリの殻を身に付けているのを見つけることができ、より大きなものはラビアシオス(laviasioth [ヴォルガノス])の頭蓋骨を、巨大なものはグラビオス(gravios[グラビモス])の頭蓋骨を身に付けています。これらの青い甲殻類には、怒ったときに伸びる爪の鎌があります。グラビオスの頭蓋骨の口からはウォータージェットを発射できますが、そのような能力は、ラバシオスの頭蓋骨またはカタツムリの殻を身に着けているショウグンセアナタウルでは使用できません。

エルダードラゴンレベルのカラパセオンもいます。シェンガオレン町の領土内で見つかった場合、町を恐怖に陥れるでしょう。この高くそびえるヤドカリは、長距離攻撃に対するシールドとしてシェルを使用するために、胸壁近くにいます。シェンガオレンはラオシャンロンの頭蓋骨を使って身を守るため、遠くから見たときにはラオシャンロンが近づいてくるように見えます。町が提供するすべてのものを使用して、この巨大な脅威を追い払ってください。

別のエルダードラゴンレベルの脅威はプリマティウスであるラージャンですが、これはシェンガオレンほど大きくはありません。ラージャンは茶色のブランゴンガのように見えますが、太い角が横に伸び、より大きな図体をしています。他の霊長類に対するあなたの経験に満足しないでください。この図体の大きい電気猿は高速で、知性があり、予測不可能で、エルダードラゴンを殺すほどの強さを持っています。同じカテゴリーの他の獣とは異なり、ラージャンは単独でさまよいます。

ゲームのフラッグシップモンスターであるクシャラダオラ(Kushala Daora [クシャルダオラ])を含む、新しいエルダードラゴンが追加されました。金属の鱗を持ち4本足の翼のあるこのトカゲは、どんな鋭さの武器でも跳ね返すことができます。クシャラダオラは強風をコントロールして自らを保護したりあなたを吹き飛ばしたりします。吹き飛ばされるとフォローアップ攻撃に対して脆弱になります。地平線で見出された暗い渦巻く雲は、嵐ではなく、これからやってくる攻撃を意味します。

ジャングルの奥深くに潜むのは、目の前に隠れている巨大なハンターです。カメレオス(Chameleos [オオナズチ])は、翼と円錐状のまぶた、長い粘着性の舌、そして広い尾を持つ4本足のトカゲです。カメレオスは体が大きいにもかかわらず、息で濃い霧を作り出し、光を屈折させることで見えなくなるため、発見が困難です。他の呼吸能力には、翼によって制御される毒の霧、およびアーマーを腐食させる酸性の吐息もあります。

ラタロス[リオレウス]とラティアン[リオレイア]がモンスターハンターにおける火竜の王と女王だとするなら、テオストラ(Teostra[テオ・テスカトル])ルナストラ(Lunastra[ナナ・テスカトリ])は、炎の皇帝と皇后です!これらの2種の火ベースのエルダードラゴンは、長く、ふさふさした尾と毛皮の羽を持つたてがみのあるライオンのように見えます。ルナストラは冷たい青の毛皮をかぶっており、頭には王冠がありますが、テオストラは黒で深紅で、暴君の角があります。青い皇后は彼女の炎を独創的に操ることを好み、花火のように美しいですが、危険をもたらします。赤い皇帝は、総当たりと爆発で無作法であることを好みます。

おそらく、このリストに加わった最も奇妙なものは、浮かぶ山のドラゴン、ヤマツカミ(Yama Tsukami)です。コケに覆われたタコが体内に保持されたガスを使って浮かんでいることが確認されていますが、どのようなガスかは不明です。このラブクラフト風モンスターは人間のような歯と歯茎を持ち、脅威と戦うのに役立つ雷虫を保持しています。ヤマツカミは空腹のときのみ攻撃的ですが、ハンターに追い詰められれば攻撃的に戦います。

ゲームの仕組み

相互作用と戦闘

モンスターハンタードスは、ゲーム第1作の基本的なコントロールの多くを少し変更しています。人とのやり取りやスポットの収集は丸ボタンで行い、攻撃は適切なアナログスティックで行います。アイテムは四角いボタンで消費され、L1を押したままにしてアイテムを切り替えできます。

モンスターハンターから7武器のすべてがドスでも使えます。すなわち、ソードアンドシールド(剣と盾[片手剣])グレートソード[大剣]デュアルブレード[双剣]ランスハンマーライトボウガンヘビーボウガンです。すべての武器でいくつかの変更がありますが、注目すべき変更点としては以下のものがあります:ソードアンドシールド[片手剣]は初期のコントロール方式とほとんど同じですが、鞘なしでアイテムを使用する追加機能を備えているため、鞘については丸ボタンで操作しなければなりません。大剣には破壊的なスイングのために攻撃を仕掛ける能力が加わりました。

モンスターハンターの第2世代では、4つの新しい武器、3つの近接武器、1つの射程が導入されました。

ロングソード[太刀]は日本の大太刀のような外見ですが、今は独立した武器のクラスになったグレートソードの下に使用されます。ロングソードはシームレスな連続コンボが使える点でグレートソードと同様ですが、ロングソードはより速く、ヒットごとに「スピリットバー」を満たします。スピリットバーは、画面の左上隅のスタミナの下にあるゲージです。いっぱいになると、攻撃力が非常に増し、スピリットコンボを実行する能力を獲得します。面倒なグレートソードとは異なり、ロングソードは、鞘なしならジョギングできるほど十分に軽いです。

ガンランスは、伝統的なハンターランスやシールドと似ていますが、柄部分に爆発物のキャニスターがあります。マガジンをリロードし、ボウガンのように爆発させます。ガンランスの爆発は遠距離射程ではなく、ランスの先端付近にしか影響しません。ランスの先端には、実際には鋭い端を持つ長い銃身か、バシネット[訳注:尖った兜状の部材]が取り付けられています。この携帯用キヤノンは、より静止した戦闘スタイルに適応します。従来のランスと同じように敵を刺すことができますが、ガンランスでは前方に突進することはできません。砲弾が爆発するたびに武器が素早く壊れるので、常に砥石で整備してください。

ハンティングホーン[狩猟]は、実際の武器というよりも巨大で頑丈な楽器のようなものですが、その重量とサイズで無意味なモンスターを叩くことができます。あなたや他のハンターにバフを提供する音楽を再生できます。さまざまな曲がユニークなバフを提供しますが、すべてのハンティングホーンが同じ曲を再生できるわけではありません。

ボウ[]は高速で、ボウガンとは違って、リロードする必要はありません。ボウガンと同様に、ボウもクラフト可能なアイテムを使用して、コーティングにより特殊な効果を各矢に追加します。ボトル入りの液体は、ステータスエフェクトまたはエレメントダメージを攻撃に加えることができます。ヒット&ランが最も一般的な戦術ですが、チャージ攻撃を実行してダメージを増やしたり攻撃スタイルを変更したりできます。弦を引くにはスタミナが必要なので、スタミナに関連するスキルを養うか、優先順位を常に上げてください。

装備の作成とアイテムの作成

モンスターハンタードスは、モンスタークラフトの観点から、モンスターハンターフリーダム[モンスターハンターポータブル]からインスピレーションを受けています。ゲーム第1作のハンドヘルドポートには、低ランク、ハードランク、Gクラスの3つのレベルのアーマーが導入されています。第二世代の時点では、低ランクと高ランクのみです。

通常のアーマーとS/Uシリーズのアーマーは、名前と形式の類似性に関係なく、別々のアーマーのセットです。高ランクのピースの材料は、高ランクのクエストでのみ戦利品として取得できます。モンスターハンタードスによって実装されたスキルシステムは、モンスターハンターフリーダムのポイント累積システムを直接適応させたもので、アーマースキルを得るためにアーマーセットを完了する必要がある初期のプレイステーション2版とは対照的です。

モンスターハンタードスに固有のものは、ゲームで最強の装備である禁止装具です。各機器を生産するために必要な材料は、主にエルダードラゴンドロップを使用しています。

アーマーは強化できます。最初のアップグレードはお金が必要で、同じアーマーのすべての他の補強サービスはより多くのお金といくつかの材料を必要とします。

モンスターハンターのアイテムのレシピは続編でも保持されていますが、更新されたクラフトシステム用に拡張されました。MH2は、新しいアイテムを生成する3つの材料を一度に混合できるようになりました。いくつかのアイテムは、2つ以上の組み合わせを使用して作成できるため、持っているものを利用し、取っておきたいものを保存できます。

鍛冶屋のメニューでは、武器がクラフトタイプに分けられます。ほとんどすべての新しい武器は、クラフティングブランチを古典的な装備と共有しています。ロングソードはグレートソードと、デュアルブレードはソードアンドシールド[片手剣]と、ガンランスはランスと、ハンティングホーンはハンマーと共通する点が見つけられます。3つの射程タイプにはすべて個別のメニューがあります。

ブレイドマスターの武器の詳細

すべての近接武器には「攻撃ダメージ」と「シャープネス(鋭さ)」がありますが、各カテゴリーの下にあるすべての装備が「エレメントダメージ」または「ステータスエフェクト」を持つことはできません。各ハンティングホーンに固有のものは、リサイタルモード中に再生できる色付きの音符です。各ガンランスは、一度にいくつの砲弾を装填できるかを示します。グレートソード、ハンマー、ランス、およびガンランスには、ベース防御の増加が含まれることがあります。

ブレードマスターの武器が到達できるシャープネスには5つのレベルがあります。鈍いものから鋭いものまで、色の表示順序は赤、オレンジ、黄色、緑、青、白です。黄色以下はしばしば大型モンスターでは跳ね返されます。ある種のグラビオスの体の一部の鱗やダイミョウヘルミタウルの殻のような頑丈な保護層は、白レベルの刃でさえも跳ね返します。デュアルブレードの悪魔モードとロングソードのスピリットスラッシュは、ブレードの鈍さにもかかわらず、あらゆる防御を打ち破ることができます。

各シャープネスレベルは、武器の生のダメージに影響します。オレンジと赤はダメージ出力を減らし、緑とそれ以上はスイングに力の一部を追加します。黄色のレベルは、装備の詳細メニューに表示される武器の真のダメージ値を維持します。

ガンナーの武器の詳細

遠隔武器にも「攻撃ダメージ」があります。砲手はシャープネスを気にする必要はありませんが、弾薬によってダメージ出力は異なります。ボウガンの弾丸にはさまざまなレベルがあり、攻撃スタイルは「弾丸の種類」によって異なります。弓には、攻撃のチャージ時間に基づいた「ショットタイプ」があります。各弓には同じショットタイプまたはトリックショットの進行レベルがあるため、武器の詳細を確認してください。

弾丸の種類と矢のコーティングは、攻撃にステータスエフェクトとエレメントダメージを追加できます。武器にすでに同じボーナスがある場合、エフェクトは積み重なります。任意の種類のコーティングを弓に適用したり、任意の弾丸タイプをボウガンに装填したりすることはできません。各ガンナーの武器は一部のアイテムとのみ互換性があるため、武器を持参する前に必ず武器の詳細を確認してください。

クエストの仕組み

ゲーム第1作とは異なり、モンスターハンタードスのクエストは、ほとんどすべてが大型モンスターを狩ることです。唯一の例外は、ジャングルに慣れるための最初の3つの収集クエストです。多くのミッションには、ワイバーンと戦うよりも簡単な2つの副次的な目的があります。3つの目標のうち少なくとも1つを完了すると、ミッションを終了できます。

クエスト情報

クエストについて書かれたほとんどの情報は、狩りで何を期待するべきかについてのアイデアを与えるのに不可欠です。目標は、あなたが報われるものです。レベルとは、出現するモンスターを考慮したジョブ全体の難易度を意味します。村の契約料は、あなたと依頼者との間の連絡役として機能するためのもので、あなたが支払います。

時間と季節

モンスターハンタードスに特有の新しいメカニズムは時間と季節です。これら両方のメカニズムは、場所、モンスターの外観、およびクエストの可用性に影響します。朝は、各場所のすべてのエリアが開いていますが、砂漠の砂丘は高温になります。夜になると、砂漠の砂丘は凍えるほど寒くなります。砂漠の地下湖は浸水し、満潮のためジャングルの遺物島は水没します。

夏の間、焼け付くような暑い砂漠での仕事はありません。冬には、雪山はあらゆる種類のビジネスからブロックされます。繁殖期は、すべての場所がオープンで、すべての捕食者が最も活発な時期です。