モンスターハンター フロンティア Z

『モンスターハンターフロンティアZ』は『モンスターハンター』シリーズのMMOスピンオフ版です。 ゲームサーバーはテンセントの力を借りて、中国、韓国、日本の視聴者だけにサービスを提供しています。 このゲームはカプコンによって開発されて出版されましたが、西洋市場には一度も発売されたことがないです。

このゲームは2007年7月5日に「モンスターハンターフロンティアオンライン」と呼ばれるマイクロソフトのウィンドウズで正式にサービスを開始しました。このゲームは大ヒットしましたが、その人気は最終的に2018年1月26日に全世界で発売されたソニーのプレイステーションの『モンスターハンター:ワールド』に抜かれました。 「フロンティアG」の資料片が公開されてから、ついに、このゲームがプレイステーション3で公開されました。

カプコンはプレイステーション4の「アイスボーンエクスペンション」に開発の重点を置いたため、最終的にフロンティアの閉鎖を発表しました。 このゲームは2019年12月18日に正式に閉鎖されました。テストタイトルは「モンスターハンターフロンティアZZ」で、最終資料となりました。

ゲームプレイ

モンスターハンターフロンティアZはメインタイトルとそれほど変わらないです。 これは戦略家やファッション愛好者向けにカスタマイズされたオプションを多数備えたアクションロールプレイングゲームです。

他のゲームとは異なり、『モンスターハンターフロンティアZ』は複数の人が同時に演じることに特化して設計されていました。 オフラインでプレイできません。他タイトルの町規模の大本営に比べて、 Hub-Worldも巨大です。

『モンスターハンター』の主な魅力は、各ミッションが本質的にボス戦です。 プレイヤーは「ハンター」と呼ばれ、彼らの職業は「モンスター狩り」です。 一人で任務を遂行することもできるし、仕事をより簡単にしたくてより面白くするために、ハンターのグループを探すこともできます。 他の「モンハン」の称号と同様に、敵はチーム内のプレイヤーの数に応じてやや強くなりますが、その数は変わらないです。

装備及び進行システム

ゲームの目的は単にモンスターと戦って、報酬を集めて、それらの賞をより強力な歯車を得るための材料と資本として使用することです。 その核心的な考え方は未来のより強力な怪物に直面するために絶えず強くなることです。

武器や甲冑はハンターが撃破した敵の体の部分から作られています。 最後の獣が必要な材料を落としていない場合、モンスターを再び狩るか、必要な破片を取引しなければなりません。

あなたが着ている鎧や振り回す武器はモンスターに似せるだけでなく、それらには長所と短所も含まれています。 彼らのイメージに合わせて作られた装備を身につけると、彼らの禍福を感じることができます。

モンスター

『モンスターハンターフロンティアZ』の中には合計181体の怪物があります。大部分はモンスターハンターのメインシリーズから来て、第1世代、第2世代、第3世代の怪物が多いです。 他に残っているのは、このタイトルでしか見つけられないユニークな種ばかりです。 これには、メインシリーズから完全にユニークなモンスターまたは専属の亜種生物が含まれています。 ゲームの中のすべてのちいさいモンスターはメインシリーズの2世代の名簿から来ています。